Pocket

8月12日のヤフーニュースで、新卒や若手の社会人の49%が就活をやり直したいという

 

記事が書かれていました。今の学生も自分の就活の結果に納得できない人が多いようです。

 

今社会人として勤め始めて日が浅い人の中で25%が、次の就職先が見つかるまでは現在の会社にいると

 

アンケートで答えたようです。今すぐにでも会社を辞めたいと思う人も6,3%いるようです。

 

 

0I9A116515030107ryoute_TP_V

 

 

そして、もし再び就職活動を行えたらしたいという人は48,7%もいると書かれていました。

 

なぜこんなにも自分の就活に納得できない人が多いのか私なりに考えてみたいと思います。

 

今の就職活動は新卒至上主義であるため学生時代に良い会社に就職しないと

 

良い会社に行くことは難しいと言われています。

 

現在では、私が新卒就活生時代の頃よりも企業の採用状況は向上しております。

 

しかし、上位企業から内定を得るのは相変わらず難しく、就活塾や人材派遣会社に

 

自分自身の就職活動をサポートしてもらう人も少なくありません。

 

 

150415472505_TP_V

 

 

現在の就活塾等の学生の就職活動をサポートしている組織は学生から

 

お金を取っている所は少なくなってきています。

 

では、彼らは一体どこから収益をあげているのでしょうか?

 

それは、人材が欲しい企業からお金をもらう手法を使っているのです。

 

具体的には就活塾や人材派遣会社が学生が欲しくて提携した企業に

 

学生を送り込む(入社させる)ことで、1人につきいくらかのお金を

 

貰う方法をとっています。

 

このやり方は前から私は疑問に思っていました。

 

GREEN_I20140125_TP_V

 

企業からお金をもらうやり方では提携先の企業をえこひいきして

 

紹介してしまうので、学生が本当に行きたいと思っている会社へ

 

行くためのチャンスを潰してしまうのではないでしょうか。

 

また、巷の就活塾や派遣会社の採用担当や講師の人の経歴を

 

拝見してみましたが。数十年聞いたことのない派遣会社で面接の担当をしていた方や

 

元別会社の人事担当者という方が多かったです。(会社の名前は書いていない人が多い。)

 

世の中経歴だけが全てではなく、そのような場所にも立派な方がいらっしゃるのは承知しております。

 

しかし、学生時代に誰もが知っている有名企業や、官公庁や地方の上位組織に

 

採用された経験のない講師が新卒学生に適切なアドバイスができるのかが疑問です。

 

TC160130090I9A6530_TP_V

 

(ポテンシャル重視の新卒就活と中途の転職では取る戦略がまったく違うはずなので。)

 

就活塾に入るには20万から30万程度の費用がかかるといわれています。

 

高額な金額を払う人は上位の企業や役所、またはどうしても自分が行きたい会社に

 

行く目的があるからこそ20万以上のお金を出すのだと私は考えています。

 

就活塾入っても、自分の行きたい企業に行けなかったらどうしても後悔の念が

 

残ると思います。そのため、49%の人が就活をやり直したいという結果になってしまったのだと思います。

 

このような方々の救うためにもいつかは新卒就活に関するアドバイスが

 

できる場を提供できればなぁという想いを持った次第です。

 

SAYA072160333_TP_V

 

P.S.

 

就活で自分の実力以上の企業に合格するためのノウハウを学べる

就活のアドバイスを聞くことができる相談会の開催が決まりました。

詳しい内容は下記のページにございますので就活の悩みがある方はご参照下さい。

 

就活生お悩み相談カフェ 9月29日(木曜)開催

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket