Pocket

プレゼンやセミナー等で人前で上手く話せればなぁ~と思っていませんか?

口下手を克服して少しでも聞き手に伝わるような発表をしたいですよね。

そんなあなたに、私が普段人前で話す時に心がけている5つのことについて描いていきます。

 

①原稿は絶対に丸暗記しない

 

0i9a444015032150wakaranai2_tp_v

 

あなたは、プレゼンや面接等で話す内容を原稿にまとめていませんか?

まとめるのは大切ですがその原稿を一字一句丸暗記するやり方をされている人は今すぐやめて下さい。

丸暗記してしまうと正しく話そうとしてしまうので、言葉に詰まった時の軌道修正が難しくなります。

 

丸暗記を辞めれば、言葉に詰まってもアドリブで軌道修正しやすくすることが可能になります。

 

②伝えたいコアのキーワードだけ暗記する

 

pak85_desk15215645_tp_v

 

発表原稿の丸暗記から脱却するためには、コアのキーワードだけ覚えることに注力して下さい。

聞き手に伝えたいコアのメッセージだけ暗記して、そこから話す内容を構築するのです。

そうすることで、言葉に詰まってもスムーズに話をすることができるようになります。

 

③自分の想いを込めて話す

 

iuhgyftdrsedrftgy_tp_v

 

聞き手は話をするあなたの想いが見えてこないと話す内容に魅力を感じません。

気持ちを込めて話すことにより、聞き手に想いが伝わるようになります。

想いを込めて話すやり方を鍛えるには、テレビショッピングの番組を見るといいです。

 

テレビショッピングの番組は、プレゼンターが商品の魅力を想いを込めて伝えています。

商品の機能や購入者にもたらす効果を上手く番組を見ている人に届けています。

テレビショッピングのプレゼンターをモデルにして話し方の構築をするのをオススメします。

 

④熱く話しすぎないように注意する

 

lala_359320140921123248_tp_v

 

自分の伝えたい想いを的確に話そうとするあまり熱くなりすぎる方が時々います。

話し手が暑苦しすぎると聞き手は引いてしまいます。

そのため、気持ちは込めつつ冷静に話し方を分析することも必要になります。

 

客観的に見て自分の話し方をどう感じるのかを家族や友人に聞いてみるといいと思います。

 

⑤自分が好きなことや趣味のことと関連づけて話す

 

tsu785_hartcandymori_tp_v

 

自分が好きなことや趣味のものと関連づけて話せば気持ちをのせて話すことができます。

好きなものや趣味の話は自然体で楽しく話すことができるので聞き手に好印象を与えられます。

無理やり想いをこめなくても自然と気持ちが入るのでオススメです。

 

発表者のあなた自身が楽しそうに話していれば、相手にも楽しい気持ちが伝わります。

どんなに優れたノウハウであっても淡々とプレゼンされると聞き手に魅力を感じてもらえません。

そのため、まずは楽しそうに話すことを心がけられると聞き手の関心を得ることができるでしょう。

 

Pocket