Pocket

大学に入学したばかりのあなたは、どんな授業をとればいいのか分からずに、悩んでいませんか?

特に、第二外国語(必修語学)の授業は早い段階で決めないといけないので、情報不足になりがちです。

第二外国語の選択で悩んでいるあなたへ、私の学生時代の実体験を元に、どの語学が一番楽なのかについてお伝えいたします。

 

この記事を見れば、第二外国語の選択を、迷うことなく行えるようになりますよ。

今回は、第二外国語で比較的多い中国語、韓国語、ドイツ語、フランス語、ロシア語に絞って解説していきます。

それでは、大学の第二外国語で一番楽で簡単な語学について、お話ししていきますね。

 

① 中国語は無難だが、教授による当たりはずれがある科目

 

0i9a356715032124yuuki2_tp_v

 

中国語は、第二外国語の中でも大学生が最も多く希望する、ポピュラーな科目になります。

人気があるがゆえに、簡単だと思われていますが、中国語は日本人にとって語学的にはやや難しめです。

中国語は、日本語でも使われている漢字を使用してはいるものの、文法の形は英語に近いので、日本人には馴染み難いです。

 

発音も、日本語とは異なるので、日本人にとって語学的には、やや扱い辛い部類になります。

中国語の授業は人気があり、どの大学でも大抵抽選になります。

どの大学も力を入れている語学なので、精通している講師も多いため、当たりはずれがあります。

 

中国語を選ぶ場合は、自分が所属する大学の先輩から情報を得てから選ぶ方がいいと思います。

 

② 韓国語は、語学的には一番簡単で、単位も比較的楽にとれる!

 

SAYA072160011_TP_V

 

韓国語は、中国語よりも人気がないのに、単位は比較的簡単に取りやすいため、オススメの語学になります。

日本人にとって、韓国語は、モンゴル語と並んで習得が一番容易な語学と言われています。

その理由は、文法や発音が日本語のそれと、ほとんど同じであるからです。

 

日本人が英語や中国語を取っつきにくいと思う理由は、日本語と文法の組み立てが違うからです。

その点、韓国語であれば、語学的にも簡単なので、万が一キツイ先生でもなんとかなります。

私の場合は、韓国語が語学的に一番楽なのを知っていたので、迷わず韓国語を選択しました。(笑)

 

また、何でもいいから一つ語学を身につけたい人にも、韓国語はオススメできるものになります。

私の大学の韓国語の教授が話していたのですが、「英語などの他の語学で留学した人は1年いてもしゃべれるようにならない人もいるのに、韓国に留学した生徒は、みんな3か月で話せるようになって帰ってくる」と言っていました。

それぐらい、韓国語は日本人にとって覚えやすい語学なので、楽をしたい人はぜひ検討してみて下さい。

 

③ ドイツ語とフランス語は、地雷科目の場合が多いので注意!

 

_90450565_mediaitem90450564

 

ドイツ語とフランス語は、大抵どの大学でも第二外国語の部類としては、難しめな科目になります。

どうしてもドイツ語やフランス語を学びたい人は、別ですがそれ以外の場合は、絶対選択しない方がいいです。

私の大学ではこれら二つに行った友人から、落ちる人が多く厳しめだとよく聞かされていました。

 

ドイツ語とフランス語は語学的にも難しく、硬くて厳しめの先生も多いので、難易度は高めです。

精通している教授の層も厚い語学なので、楽に単位を取りたい人にはオススメできない第二外国語になります。

 

④ ロシア語は、精通している人が少ない穴場な語学!

 

150129_meis-1038x576

 

ロシア語は、ややマイナーな語学なので、選択できる大学とできない大学がある言語です。

関東や関西の大学であれば、第二外国語として選択できる所が比較的ある感じです。

ロシア語は日本人が習得するのには、いちにを争う程難しい語学と言われています。

 

そのため、ロシア語に精通している教授も少ないのが現状です。

ゆえに、教授側もちゃんと教えられる人が、他の語学より少ないので難易度が低くなりがちです。

教える方も聞く方も、みんなできないのでレベルが低くなり、単位が取りやすい傾向にあるようです。

 

ロシア語は、語学的にはとても難しいですが、単位は比較的とりやすく穴場であると思います。

 

大学の第二外国語で、一番楽で単位が簡単に取りやすい語学を探している人へ、私が思うオススメできるランキング順

 

06d623739f144f3edeff96bbde63934c

 

第一位 韓国語

第二位 ロシア語

第三位 中国語

第四位 ドイツ語

最下位 フランス語

 

一位は、どの大学にもあり簡単な韓国語にしました。二位は、大学は選ぶがマイナーで穴場なロシア語です。

三位は、無難だけど人気がありすぎて取り辛いので、中国語にしました。四位と最下位の順位付けは非常に悩みました。

ドイツ語を四位にした理由は、日本語の型であるSOV言語に近いためフランス語よりは扱いやすいと判断したからです。

 

最下位をフランス語にした理由は、英語の源流はフランス語にあるという点からです。

つまりフランス語は、英語を難しくした言語であると言ってもいいでしょう。

日本人に取っつきにくい英語の難しい系であることから、最下位にしました。

 

ちなみに、大学の第二外国語は抽選に漏れると、余った語学の中から選択しないといけなくなります。

なので、単位を取りたいだけの人は、初めから穴場で楽な言語を狙った方がいいですよ。

そうしないと、無駄に難しい語学を選択する羽目になるので、気をつけましょうね。

 



 

P.S

 

学生やサラリーマンの副業にオススメな、せどりのセミナーを毎月開催しています。

 

アルバイトより稼ぎたい学生さんや、第二の収入源が欲しい主婦やサラリーマンに最適です。

 

ご興味ある方はセミナーの詳細を、下記の案内ページに掲載していますのでご確認下さい。

 

 

週4時間だけ働く!?新時代の稼ぎ方ハイパーボヘミアンを学ぶ勉強会 8月27日(日曜日)開催

 

 

Pocket