Pocket

公務員を目指している人の中には、民間より楽そうだから受けているという場合が多々あります。

私も公務員やそれっぽい所は、楽そうなイメージがあったので、選択肢の一部でした。(笑)

しかし、実際に働いてみると、思ったよりやることが多くて大変だったんですね。

 

今日は公務員が楽だと考え受験を希望されてる方に、私の体験をお伝えして行こうと思います。

 

公務員等の国が関わる組織は、民間以上に年功序列

 

%e5%b9%b4%e5%8a%9f%e5%ba%8f%e5%88%97

 

私の場合は正確には公務員ではありませんが、商工会という半官半民の組織に所属していました。

商工会では、40歳から50歳以上の職員が圧倒的に多く若手が中々入って来ません。

そのため、大変な仕事が若手に回ってくる傾向があります。

 

具体的な激務仕事の内容は批判になってしまうので差し控えますが、公務員にも同じ傾向があるんですね。

公務員系の仕事は民間よりも組織体制が古いので、年功序列の意識が職員に強くあると感じます。

年功序列だと年上優先になるので、楽な仕事は上位の人が占めてしまうことになるのは当然ですよね。

 

そうなってくると、若手は残りの激務仕事、貧乏くじを引かされるパターンが多いのではと考えられます。

一般の市役所の場合、比較的大変なのは税務課、福祉課あたりが上げられるのではないでしょうか。

公務員は基本的に空きのある所に入れられるので、若手が楽な所に入るのは難しいと思います。

(空いている所は、比較的人気がない部署であるため)

 

年を重ねるまで耐えられれば、問題ないかもしれません。

しかしそれまでに20年30年も、やりたくない仕事をし続けるのは大変ではないでしょうか。

実際に公務員に入っても辞めてしまう若手が後を絶ちません。

 

今の若手は古い考えに嫌気がさして、辞めてしまうのだと私は思うんですね。

年功序列の壁を突破するまでの20年間は我慢して働けるのかを考えて、公務員になるのかを決めた方がいいと実感しています。

 

公務員になるためには、難関試験を突破しなければいけない

 

c2452ebf7710cfaeaf9a5196f4d20a02

 

当たり前のことですが、公務員になるためには、採用試験を突破しなければなりません。

公務員の試験は、大学受験よりも科目数が多く、かなりの負担になります。

文章理解、数的処理、自然科学、人文科学、法律といった教科がかされるんですね。

 

特に数的処理は、数学が苦手な人にはとてもネックになります。

公務員試験に合格するのに必要な時間は、1000時間〜1500時間と言われているんですよ。

数字を見ただけでもとてつもない時間ですが、その時間に見合った成果があるかというと疑問が残ります。

 

1000時間〜1500時間取れるのであれば、自分で稼ぐ手段をその時間で勉強した方が効率がいいように感じました。

それだけ勉強して公務員を辞めてしまったら、勉強に費やした時間が無駄になってしまいますよね。

私の意見としては、公務員の仕事自体に魅力を感じないのであれば、安易な気持ちで選ばない方がいいと思っています。

 

公務員試験に使う勉強時間を、自分で稼ぐための手段を学ぶことに使った方が割に合うのではないでしょうか。

 

個人で稼げる手段を学べる、せどり講座の体験セミナーを開催いたします。

 

161007-270_tp_v

 

せどり初心者からプロせどらーを目指す、「ネット物販プロせどらー養成講座」の体験セミナーを開催します。

開催場所は名古屋市の栄で、日時は11月26日(土曜)の15時からとなっております。

せどりを会得すれば、自分が好きなものを楽しみながら、利益を出すことも可能となるんです。

 

副業としてもかかる手間が他のビジネスよりも少なく始められるので、オススメなんですよ。

また、アフィリエイト等と違いすぐに結果に反映されるので、モチベーションも下がり辛く続けやすい副業になります。

詳しい内容は下記にございますので、副業やせどりに興味がある方は、ぜひチェックしてみて下さいね。

YUKA863_korekore15202501_TP_V

 

個人事業や副業に最適!ネット物販プロせどらー養成講座 体験セミナー

 

Pocket