Pocket

最近メルカリで話題になったRMTというものが、ネットゲーム界で増えてきています。

RMTとは、リアルマネートレードの略であり、ネットゲームのアイテムと現実のお金を交換するものなんですよ。

ネットのみで完結できるRMTは、一時期手軽に稼ぐ手段として注目されていた時期もありました。

 

しかし、今ではかつてよりもRMTに関しては手軽さが薄くなってしまった印象です。

本日は、そんなメルカリで話題となったRMTで稼ぐのは難しいと考える理由について書いていきますね。

 

RMTはゲーム運営側の規制が年々厳しくなっている

 

KINU160323180I9A4843_TP_V

 

RMT(リアルマネートレード)が始まったばかりの頃は、取引が比較的自由に行うことができました。

しかし、現在はオンラインゲームの運営側がRMTを禁止している場合がほとんど。

理由はRMT行為が、オンラインゲームの運営側が儲ける機会の損失に繋がるからなんですね。

 

オンラインゲームの収益構造は、アイテム課金で稼ぐのが主流になっています。

アイテム課金の方法は、ガチャポンやくじ式で1回数百円のパターンや個別のコンテンツ販売等。

これをレアなアイテムが出るまで、何度もユーザーにやらせて儲ける仕組みなんですね。

 

RMTが活発になってしまうと、ガチャガチャを回すよりお目当てのアイテムが安く手に入ってしまします。

RMTはオンラインゲーム運営側のコンテンツではないので、彼らに一銭もお金が入ってきません。

そのため、オンラインゲームの運営側は、RMTを禁止しているのです。

 

RMTをしていることが特定されると、そのアカウントは削除されてしまうんですね。

なので、RMTはややアンダーグラウンドなビジネスになってしまっています。

オンラインゲーム運営側の規制を回避するのも、いたちごっこを繰り返さなければなりません。

 

規制を搔い潜るのは非常に手間でありイメージも悪いので、RMTは稼ぐ手段として効率的なものではないと言えるのではないでしょうか。

 

RMTは個人を相手にする場合、単価が安くなってしまう

 

a6orj58dcrm1be6vqevbe5m99x

 

RMT(リアルマネートレード)は個人を相手にする場合、単価が安くなってしまう傾向にあります。

業者相手やRMTを行うプレイヤーへの売買であれば、沢山買われやすいのでカバーできるでしょう。

しかし、そこまでやるには、アルバイトや従業員を雇って複数で行う必要が出てくるんですんね。

 

RMTは人気ゲームであれば、単価のいいものもあるでしょう。

そのようなゲームは、RMTの規制が厳重なので、素人が踏み込むとアカウントを停止される危険が高いんですね。

一商品あたり数百円程度のものが多いRMTに、危険を冒してまでやる必要性はないと感じています。

 

副業や個人で稼ぐ手段としてRMTを考えている方は、手を出さない方がいいのではないでしょうか。

RMTは実体のない取引きなので、信頼性も薄くなってしまいます。

それよりも、実態があるネットを使った物販せどりビジネスの方が初心者は、結果が出しやすいはず。

 

物販であれば、Amazon等のプラットフォームと商品が持つ集客力があるので、誰でも簡単にはじめることができます。

 

個人で稼げる手段を学べる、せどり講座の体験セミナーを開催いたします。

 

NKJ56_mankenmottekuchiwokakusu_TP_V

 

せどり初心者からプロせどらーを目指す、「ネット物販プロせどらー養成講座」の体験セミナーを開催します。

開催場所は名古屋市の栄で、日時は11月26日(土曜)の15時からとなっております。

せどりを会得すれば、自分が好きなものを楽しみながら、利益を出すことも可能となるんです。

 

副業としてもかかる手間が他のビジネスよりも少なく始められるので、オススメなんですよ。

また、アフィリエイト等と違いすぐに結果に反映されるので、モチベーションも下がり辛く続けやすい副業になります。

詳しい内容は下記にございますので、副業やせどりに興味がある方は、ぜひチェックしてみて下さいね。

YUKA863_korekore15202501_TP_V

 

個人事業や副業に最適!ネット物販プロせどらー養成講座 体験セミナー

 

Pocket