Pocket

新卒の就職活動が来年からはじまるけど、いつから始めるのが良いのか分からずに悩んでいませんか?

もし就活をすべき時期が分かり、効率よく就職活動を成功させる方法を知ることができれば、嬉しいですよね。

今日はそんなあなたのために、新卒学生の就職活動はいつから始めるべきかについてお伝えします。

 

就職活動に力を入れるべき時期は、あなたの目標企業によって異なる

 

kigyo-seikou

 

就職活動をはじめるべき時期は、あなたが目標とする企業の業界やレベルによって異なります。

よく巷で言われているのは、大学4年からはじめるのでは遅すぎる。せめて3年からはじめた方がいいとするのが常識。

しかし、私は自身の就職活動を学生の時にしていた際、必ずしもそれは全ての人に当てはまらないと感じました。

 

マスコミや世界的な誰もが知っている企業であれば、多くのライバルが集まるので、早めに行動しなければなりません。

もしあなたが特にマスコミや世界的企業を志望していない場合は、大学4年生から就職活動をはじめても大丈夫。

特に業種にこだわりがなければ、大学4年生からはじめても、待遇がいい優良企業へ就職することは難しくありません。

 

なぜ大学4年生からはじめても、優良企業を狙えるのか?

それは、新卒の採用活動が1年間という期間限定で行われている点にあります。

 

企業の採用担当者は、新卒枠を是が非でも埋める必要がある

 

recruit_02

 

新卒の採用活動は期間が1年決められており、この期間内で採用人数を確保しなければなりません。

私の地元の愛知県で言うと、トヨタ本体クラスであれば内定を蹴るという人はあまりいないでしょう。

しかし、上位優良企業であってもその業界に上の企業があれば、一定数の内定辞退がでてきます。

 

その隙間を狙っていけば、自分の実力よりも上位の企業に入りやすくなるんですね。

企業も内定辞退者を拘束はできないので、欠員がでた穴を埋めなければいけません。

普通の学生が就職活動を終えた頃に欠員がでると、企業も早急に代わりの人が欲しいので、入りやすくなる傾向があります。

 

採用試験に自信がない方は、短期決戦ではなく1年スパンの長期で就職活動に取り組もう

 

gatag-00007986

 

就職活動の前半で結果が出なかった人や、採用試験に通る自身がない方は、長期スパンで就活に取り組んで下さい。

短期決戦で就職活動を終わらせようとすると、内定が出なかった場合、焦りがでてしまいます。

私も学生時代の就職活動では、夏まで一つも内定が出ずに焦っていた経験があります。

 

余裕が無い人には、どれだけ優秀でも企業側は、魅力を感じてはくれません。

1年間の長期スパンで就活に取り組めば、前半戦で内定がでなくても、冷静に原因を分析できるようになるでしょう。

短期間で希望の企業に内定が出る人は、よっぽどの高学歴か人物に相当な魅力のある人だけです。

 

特に誇れる経験のない普通の学生であれば、就職活動を戦略的に行った方が内定は出やすいでしょう。

私の経験談にはなりますが、秋以降の方が内定はでやすい傾向にありました。

秋を過ぎると、就職活動をしている人は少数なので、強いライバルが非常に減っています。

 

強い人は前半戦で就職活動を終えているので、後半に戦った方がずっとイージーモード!

秋から冬前程度の時期であれば、待遇がいい優良な企業がまだ残っています。

そのため、特に志望企業がない人は後半戦に決めることを意識して、就職活動に取り組むのがいいのではないでしょうか。

 

特に面接・筆記試験が苦手な方や、学歴が弱い人は後半に戦った方が就職活動では、結果を残しやすいですよ。

 

P.S

せどり初心者からプロせどらーを目指す、「ネット物販プロせどらー養成講座」の体験セミナーを開催します。

開催場所は名古屋市の栄で、日時は11月26日(土曜)の15時からとなっております。

詳しい内容は下記にございますので、バイト以外で稼ぐ手段が欲しい方や副業に興味がある方は、ぜひチェックしてみて下さいね。

 

YUKA863_korekore15202501_TP_V

 

個人事業や副業に最適!ネット物販プロせどらー養成講座 体験セミナー

 

 

Pocket