Pocket

みなさん、おはようございます!ホビーパーソンズの小林です。

5月は大相撲の夏場所がはじまっており、私は毎日見るようにしています。

(テレビでリアルタイムで見れないときは、ビデオに録画してみているほどの相撲好き)

 

今回の五月場所では、稀勢の里の優勝三連覇と高安の大関とりが開始前から注目を浴びていました。

特に稀勢の里は、前回の三月場所での逆転優勝した勢いにのって行ければ面白くなると思っていましたが、いかんせん前回のケガがまだ完全に治りきっていなかったので、無理がありましたね。

稀勢の里が初日に嘉風に負けた時は、休場もあるのではないかと思ってましたが、今の所なんとか粘って出場しています。

 

しかし、昨日の栃煌山との取り組みで中に入られて何もできずに押されてしまったので、ついに3敗目の黒星となり優勝は絶望的に。

こうなると2敗目の黒星となってしまった遠藤との取り組みが痛かったですね。

遠藤がバランスを崩して落ちるかと思った時に粘り、そのまま力を抜いた稀勢の里が押し出されてしまったということがありました。

 

稀勢の里は大関時代の時はツメの甘さから、本場所中に必ず1つ無駄なとりこぼしがあり、それをよく指摘されていたんですね。

大関で優勝した場所と、新横綱で優勝した前回大阪場所は、目立ったとりこぼしが無く非常に安定感がある相撲をとっていた印象。

今回は左のケガがあるのでしかたがないとは思いますが、ここ二場所の中では精彩を欠いている相撲になっています。

 

得意の左を完全に使えていない状態なので、その割には負けが最小限で済んでいるのかもしれませんが。

ここまでで、遠藤と栃煌山の2人の平幕相手に金星を与えてしまいました。

ケガさえなければ、もう少し金星を与えるのは先かなぁと思っていましたが、こればかりは仕方がない状況。

 

高安は玉鷲には負けて1敗にはなったものの、それ以外の相撲ではかちあげからの突きを中心に他の力士との勢いや力の差を見せつけています。

勝ち越しを決めた相撲でも、相手の千代の国を圧倒して勝利。

 

20170522-00000129-spnannex-000-0-view[1]

 

ちょうど昨日勝ち越しが確定して8勝目となったので、星勘定的にはあと2つ勝つことができれば大関昇進が決定的。

精神的な安定感とパワーでは稀勢の里より強いと高安を見ていて思うので、この調子を大関昇進後も維持することができれば、

近い将来横綱になるのもそう遠くはないのではないでしょうか。

 

稀勢の里も今回は優勝することが厳しくなりましたが、全て出場するからには、白鵬か日馬富士のどちらか1人は倒して、19年ぶりの和製日本人横綱としての維持を見せて欲しいですね。

思えば、私が相撲を見始めた時にちょうど朝青竜が新横綱としての場所だったので、モンゴル時代しかリアルタイムでは見ていませんでした。

そこから稀勢の里が第72代横綱として登場するまでに、長い間待ちましたね。

 

朝青竜の後には白鵬、その後には日馬富士、さらにその次には鶴竜と中々日本人の横綱がでることはありませんでした。

大関のまま引退した魁皇が横綱になれるかなぁという時もありましたが、あと1勝足りずに横綱に昇進することは見送られてしまったこともあったんですよ。

それまで優勝回数が5回と大関ではトップクラスの数字を出していたので、1勝ぐらいなら大目にみられるのかと思いましたし、その場所の千秋楽では朝青龍を倒しましたので横綱昇進あるかと思いましたが非常に残念な結果に。

 

このような出来事があり横綱全モンゴル時代の長いトンネルを抜け出して誕生した稀勢の里ですので、できるだけ長く相撲を取って欲しいですね。

年齢から考えて、MAXで5年ほど横綱として取れればいいのかなぁと個人的には思います。

稀勢の里人気で相撲のお客さんが増加し、私が初めて相撲を見に行った3年程前の東京場所に比べると、若い人が相撲を見に来るようになりました。

 

今場所はケガを悪化させないように最後まで務めるか途中休場して、名古屋場所の優勝に向けて頑張って欲しいですね。

 

 

9

 

P.S

せどりのセミナーを名古屋で毎月開催しています。

五月の日時は下記のページににて掲載しておりますので、ご興味ある方はご覧下さい。

 

もうお金で悩まない!サラリーマンから脱出し自分の力で稼ぐための転売せどりゴールデンルール(5月31日 名古屋開催)

 

Pocket